カテゴリー
未分類

訪問入浴介護の仕事はかなりきつい

自宅入浴が困難な要介護者の入浴を介助するのが訪問入浴介護です。
ホームヘルパーや介護福祉士や看護師が移動入浴車などを使って入浴の介助を行います。

しかし、ゆっくりと湯船につかるというスケジュールではありあm線

①体調チェック
②脱衣・浴槽へ移動
ここまでで15分
③顔ふき
④洗髪
⑤洗身
⑥上がり湯
ここまで入浴約10分
⑦d移動・着衣
⑧体調チェック
ここまで片付け15分

と実際の入浴時間はそれほど長くもなく、かなり慌ただしいものです。

訪問入浴介護には
・全身にゅよく
・部分入浴
があります。
また、浴槽を利用者宅に搬入するか、浴槽や機器類が装備された訪問入浴者を使うかのいずれかのやり方でサービスを提供します。

訪問入浴介護のサービスを提供する時は、介護職員2名と看護職員1名が入浴前後の体温や血圧を測定します。(バイタルチェック)
そのため、全身入浴の場合でも約40分の訪問で実際に入浴している時間は10分程度とかなり短いものです。

訪問入浴介護では、利用者の半数以上が要介護認定で要介護5に指定された儒度要介護者であり、サービス提供にはより細心の注意も必要になります。
また移動入浴車は高額でもあり、その購入が可能であるサービオス提供者はの多くは社会福祉法人となっています。

訪問入浴介護の仕事を「きつい」とよくい言われます。
・浴槽の運搬があり、体力的にきつい
・テキパキ進めないと1日の予定が終わらないからきつい
・大きい車で、細い路地を運転するので神経を使う
などが要因かもしれません。

しかし、訪問入浴介護のサービスは、
利用者の身体の清潔の保持
心身機能の維持回復
のため利用者の生活の中で必要なことです。

なにより家族の力ではもうお風呂に入れない利用者からすれば大変ありがたいものなのです。
訪問入浴介護では、利用者が気持ちよさそうに、そして嬉しそうに入浴する時間を提供していることにやりがいを感じる仕事でもあります。
体力的にはキツイ訪問入浴介護ではありますが、利用者さんから感謝される素敵な仕事です。
介護ソフト 比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です