カテゴリー
未分類

下調べもせず質問ばかりしてくる後輩薬剤師にイラつく

転職したての薬剤師
学校を卒業してすぐの新人薬剤師
かれらにとっては業務に置いてわからないことだkら気です。
ですから先輩薬剤師ならそんなかれらから市うt門や相談が来るのは当然かもしれません。
しかし、ろくに下調べもしないで
「分からないことは何でも聞けばいい
 分からなくてもしかたがん 
 だって知らないんだもん」
そんな新人薬剤師ばかりだとついこちらもイラっとしてしまいます。
確かに
・調剤のルール
・注射のルール
・投薬のルール
・病棟でのルール
は早く覚えて守ってもらわないと困ります。

でも、
「そんなこと、マニュアルをまず見てから質問しろよ!」
ということも少なくありません。

また、薬剤管理指導を行うにも相手の情報をなにも持たずに「型通りの指導」を行っても意味はありません。・
そのためには、十分な下調べも重要です。
患者背景や治療方針などを儒文意調べてからでないと指導に赴くことはできません。

マニュアルを見ることの大切さ
薬剤部で行われているひとつひとつの業務にもこと細かくマニュアルがあります。
そのまにゅあるには薬剤師が業務を行う上で必要な手順が細かく記載されていますから、その日に行う業務がわかっていれば事前にマニュアルを熟読しておくべきです。
そうすれば大半のことは質問しなくてすむことばかりです。

転職や新しく入ってきた薬剤師にはマニュアルなどもしっかり熟読し
「できるだけ自分で調べて、それでもわからなければ質問する」
ということを理解させておかなければなりあm線。

確かに私たちの時代は
「見て覚えろ」
という時代でしたがそれも今の若い世代には通用しないことでしょう。
だからこそマニュアルという存在が重要視されてきています。

自分汚業務に支障がが出ないようにするには
「まず、しっかりこのマニュアルを読んでおいてね
 そのうえで分からないことがあったら質問して」
と最初に釘を刺しておくのもいいかもしれません。
特に若い世代は自分から積極的に調べるというよりも、「わからないことはなんでも聞けばいいや」という考えの子が少なくないからです。
薬剤師 転職 育休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です